聖なる魔女のひそやかな愉しみ

作者自らが『還り着く場所』のジルジャン二人による愛の営みを綴るセルフパロディシリーズ、その3です。

今回、アンケート結果を受けて、作者が全力でマニアックな趣味に走った内容になっています。
聖女のおかげで、われらが元帥閣下が割と酷い目にあってます。

女性向けというよりは、殆ど男性向けに近いシチュエーションかもしれない。
このシチュは男性向けでは比較的よく見かけるジャンルなんですが、逆パターンはあまり見かけないんですよねー……美味しいのに。だから書きました。(真顔)

マニアックシリーズについては、あと2本構想があるので、これを読んでも大丈夫だった方は、また気長にお待ち下さい。

◆◆◆

「はあ……」

もはや数えるのも馬鹿らしい程に繰り返した溜息を、また一つ。人知れず少女は可憐な唇から漏らしていた。

……魂としてこの世に留まるようになって、どれくらいになるだろう。

いつも傍で彼を見守ってはいたけれど。
傍に居るからこそ、互いに触れ合う事が出来ないのが、とても辛い……

聖女ではなく、一人の恋する少女として愛する者の生きる世界に留まる事を望んだ〈オルレアンの乙女〉ことジャンヌではあったが、己をいくら律したところで、心に抱いたこの慕情が消えるものでもない。

ああ、少しでも彼の存在を感じる事が出来たなら。
私の存在を感じ取ってもらう事が出来たなら。
それが許されない事だと、罪深い願いだと理解しているからこそ、彼女は掲げた清らかな信仰心と己が抱く真の望みとの狭間で懊悩する。

私はもう、この世界では死んでしまっているのだから──

「……これ以上を望むのは、さすがに贅沢ですし、罰当たりですよね」

そして更に一つ溜息の数が増える。

しかし願いは多く重なりあった分だけ、消す事は出来ず、ただ強くなるばかり。
そして強く思う事で彼女の中で肥大化した願いは、やがて力を持つようになる。

彼女が己が身に宿る力を意識していたにしろ、そいでないにしろ、彼女の存在自体がいわば奇跡の結晶。
ゆえに、彼女の持つ神の聖跡は、彼女の思惑を超え、また彼女の理解を超えた形で、その願いを結実させた。

一人の少女が心に押し込めてきた、純粋なその想い。

──今の私は神の奇跡の残滓。時空の狭間を漂う幻のようなもの。
それでも──ジル、私は貴方にもう一度、抱き締めてもらいたい──

■■■

聖都たるローマにて高位の司祭へと与えられる官舎の一室。
カーテンの隙間から射し込む光が、寝台の上に横たわる人物の白く滑らかな頬を、そっと撫で上げた。

「……ん」

シーツに包まれた身体が軽く身動ぎすると、長く豊かな髪が淡く光を散らす。そして、けぶるように長い睫毛の下から、深い海を思わせる透徹とした瞳が現れた。

「朝……か……」

まだ昼には早いものの、既にして高く昇っている日を確認しながら、未だ寝台の主は、そこから身を起こす気になれずにいた。

──身体がだるい。
今はまだ、肌を包み込む幸福な感触と夢の余韻に浸ったまま、まどろんでいたい。
寝返りを打つと、寝巻き代わりに纏っていたシャツがしどけなく肌蹴たが、気にはならなかった。

──そう、この温かな時間を味わうは、炎によって現身を失ってからどれくらいぶりの事だろう──

「えっ…………?」

ふと、意識の中に引っかかったものに、〈彼女〉は我に返ったように声を上げ、寝台から跳ね起きた。
耳朶を打った声に、思わず喉元を指で掴む。
久しぶりに感じる肌の感触。そして体温。

「ここは…………」

掠れた低い声。自分の声ではない。さっきから、何か疑問に思う度に、自分の代わりに誰かが喋っている。
一体誰が?どこにいるのだろう?
自らの身に起こっている事態を確かめるように、〈彼女〉は周囲の様子に目を凝らす。

飾り気がなく生活感に乏しい、聖職者に相応しく実用一点張りの落ち着いた居室。
その質素な部屋の中で机の上に重ねられた歴史書や戦術書の類が、わずかながらこの場所に住まう主の人となりを伝えている。
読みかけの歴史書の横には、古びて変色したロザリオ。
見覚えがあるそれは、かつて、あの仕組まれた火刑の瞬間まで〈自分〉が確かに身に着けていたものだった。

続いて視線を手元に戻す。

目の前でシーツを掴んでいる手は、一見白く滑らかだったが、〈彼女〉自身が己のものと認識していたそれより、明らかに大きく筋張っている。
僅かに肌が覗く胸元に向かって肩口から流れ落ちている一筋の長い髪は、亜麻色ではなく、まるで新雪のような混じり気の無い白色だ。
そして髪が垂れている胸元は、シャツの下から押し上げるものがなく平坦で、腹の下までよく見える。

「……うそ……」

一連の情報から導き出した答えが示すものに、思わず息を呑む。
ごくり、と戦慄と共に嚥下すると、喉元が大きく上下する。同時に生前は決してなかったはずの骨ばった感触を指に覚えた。

「わたし……は……」

口を開くと頭蓋に響く、まだ若い男性の声。
自らのものであるはずもないが……一方でそれは〈彼女〉にとってごく耳慣れた──そう、ずっと傍で聞いていたいと夢見ていた愛しい声色だった。

「まさか……」

まろび出るようにして寝台を抜け出すと、よろよろと頼りない足取りで、部屋の中に見つけた姿見を目指す。
立ちあがると目線と床がとても遠い。腰にまで届く髪がさらさらと背中に揺れる感触。身体のバランスが全く違う事に戸惑いながら、それでも一歩一歩、その場所へ。

鼓動が速くなる。果たして私は今、苦しいのか、嬉しいのか。何を持ってこの胸は早鐘のように打ち自分を苛むのか。
わからないまま、動揺と共に湧き出してくる興奮、あるいは得体の知れない期待によって狼狽える己を少しでも安堵させようと、震える指先で胸元に触れれば、しなやかな筋肉に覆われたそこから改めて以前とは似ても似つかない引き締まった肉体を実感させられて、頭の中の混乱と動悸が激しくなる。

「ああ……」

ふと、気が付くと、寝起きの少し汗ばんだ肌から立ち上ってくる、不思議な甘い香り。
一部の人間の中には香水をつけているかのような体臭を自然に放つ者がいるという。
昔、彼の腕に包まれながら、胸いっぱい吸い込んでいた、それ。

もう、間違いない。

「……ジル」

唇をわななかせ、全身の映る大きな姿見を覗き込むと、今にも泣きだしそうな顔をした美しい青年の姿が見える。
こちらが手を差し伸べると、対する若者も歓喜に打ち震えながら、鏡面越しに指先に触れてこようとする。

胸の奥がじんと熱くなる。
今、彼女は、自分が愛した男そのものになっていた。

■■■

「ジル……ああ、本当に貴方なのですね……」

感極まった声で呟きながら、ジャンヌは己が身体──ようするにジルのそれである──を愛おしげに抱き締めた。
長い腕が背中に回り、強く、強く──そして、懐かしい身体の輪郭を辿り確かめるように、何度もその腕を、肩を、腰回りを撫で上げる。

「……あ……ああ……ジル……ジル……」

──傍から見れば男が一人、鏡の前で自分の名前を呼びながら自分自身を抱き締めているという、非常に危ない光景なのだが、今の彼女に身体の持ち主である青年の立場を思いやれるような常の冷静さはない。

彼の身体を抱き締めながら、一方で自分も彼に抱き締められている──なんて幸せな事だろう。
腕の中に顔を埋めると、恋い焦がれた男の香りが染み込んでくる。
鼻腔をくすぐるその蠱惑的な芳香だけで、彼女の思考は蕩け落ちてしまいそうだった。

彼の存在を感じながら、鏡の中の青年をじっと見つめると、彼もまた見つめ返してくれる。
穏やかな碧い瞳。
嬉しくなって微笑めば、やはり青年もまた眩しいものを見るような表情で微笑んでくれる。

「ジル……ああ、とても綺麗……」

髪の色こそ抜け落ちてしまっていたが、それ以外、彼は何も変わっていない。
生前の彼女と過ごしたあの頃──ランスで愛を誓い、口付けを交わした時のままだ。
こんな美しい人に自分は愛されていたのだと、それだけで誇らしくなってくる。

「夢みたい……貴方にまた触れる事が出来るなんて……」

そんな愛しい男が、今、完全に自分のものになっている。
流石に彼の記憶まで探りを入れるのは気が引けたし、実際出来なかったが。
少なくとも身体機能だけであれば、望めば全ては思いのまま……だ。

この奇妙な現象が果たしていかなる理由によって為されたのかは、依然として分からないまま。しかし男の身体の支配権が自分に移っている事を実感するにつれ、内から湧き出てくる麻薬のような愉悦が、少女の理性をどんどん麻痺させていく。

言葉を交わしたり、何らかの形で意思疎通が出来ないのは残念ではある……とはいえ、今はありがたく彼の声と感触だけでも楽しませてもらおう。
──だって、こんな機会はもう二度と巡ってこないかもしれないのだから。

「そう……これが……貴方の感覚……貴方の目線……」

当初こそ状況に戸惑っていたが、ジャンヌの中で次第に男の身体に対する興味の方が勝り始めていた。

「んっ……」

少女が内に溜めこんだ何年分もの情念が、青年という現身を得て発露され始める。
鏡越しに青年に唇を寄せると、何度も啄ばむような口付けを繰り返す。

「……はぁ」

腕や肩口を撫でていた指先が、シャツのボタンをゆっくりと外し始め、鏡の前に白い肌を曝し始める。
男の身体が興奮し、自分の息が荒くなってきた事に、ジャンヌは気付いた。

──だめよ、こんな事しては。彼の身体なのに。

脳裏の片隅でなけなしの理性が警告する。
しかし、そんな彼女が鏡の中の青年に浮かべさせている表情は、酷く妖しく淫らなものだった。
うっすらと紅を刷いた白皙の美貌が、嫣然と微笑む。

「でも……別に構いませんよね……ジル……
だって、私と貴方はあの日、ランスで迎えた夜に結ばれるはずだったのですから……
私の幸せは貴方の幸せ……そうでしょう?
……ええ、そうですとも。
『私は貴女を愛している』……」

身勝手な言葉が青年の声帯を借りて放たれる。
愛を囁く男の声が心地良い。少女の魂が歓喜に震えた。
白皙の美貌に刻まれた、決して本来の身体の主であれば浮かべないであろう、淫蕩な笑みが深くなる。

熱を帯びる吐息。肌蹴た胸元が大きく上下している。
既に身体に対する違和感を克服し始めた少女の意志が、青年の指を纏った布の隙間から入り込ませ、肌の上を滑らせる。

細身ではあるが、しなやかな筋肉で覆われた男の上半身。胸はやや薄いが、軍人として鍛えられた硬い腹筋。その下は引き締まった大腿部へと繋がっている。
元々なのか、身嗜みとしてきちんと整えているのか、それらは無駄な体毛が一切ない女性のように滑らかな肌に覆われている。優しく指を這わせると、そのしっとりとした張りのある感触に少女は陶然とする。

「お顔もつるつる……お化粧のノリが良さそうで羨ましいわ。
貴方は自分の容姿をあまり好ましく思ってなかったみたいだけど……私はとても凛々しくて……素敵だと思いますよ……」

顔立ちは一見、美女と見紛うばかりに整っているし、戦友だった見るからに勇ましい傭兵隊長などと比べれば、中性的で柔らかな印象の目立つ身体ではある。

だが、こうして全体を丁寧に見ていくと、己を愛でている長い指先を始め、大きな掌や、均整のとれた身体を支えているすらりと伸びた足、甘く響く低い声、何より平均的な男性よりも頭一つ分は高いであろう長身と、青年を構成する要素の一つ一つが、彼が確かに大人の男性であると強く感じさせる。
更にその事実によって、自分にはないものを持つ青年に、恋する少女は狂おしいほどの憧憬──否、欲情を呼び起こされる。

「……でも、可愛らしいところもあるんですね。
ほら、ここの胸の先とか。さっきちょっと布が擦れただけで感じてしまって……女の子みたいに尖ってますよ。
ふふ、吸い付きたくなっちゃう……んんんっ!」

鏡の中の青年に語りかけながら、ジャンヌはくりくりと指先でジルの胸の頂を弄ぶ。
布の上から全体をこねくり回したかと思うと、直接指の腹でもって触れるか触れないかぐらいの力加減で弾いてみたり、大胆につまみ上げて引っ張ったり……

「あっ……あんっ……あっ……もッ……なにこれ……ッ……
ジルったら……乳首気持ち良過ぎて……
いやらし過ぎますよッ……貴方の身体……ッ」

青年の声が彼女が聞いた事もない様な調子で裏返り、扇情的な吐息が鼻を抜けて、媚びを含んだ言葉がその唇から漏れ出る。
自分がしているから気持ちが良いのか、彼の身体だから気持ちが良いのか。わからないが、少女の意識と男の身体が官能に酔い始めると、鏡の中の青年の姿が激しく乱れ始める。

胸を突きだしながら、いやいやをするように内股で腰をくねらせて、それでいて指先は目に見えて硬く強張り勃起している大きな胸の尖りを弄り続ける美貌の青年。
理知的な碧い瞳は情欲に潤み、荒い息に肩を上下させ、淫靡な楽しみに興じている哀れな姿が少女の目の前にある。

──やだ、あの人にこんな恥ずかしい格好をさせてしまうなんて……
でも、可愛い……

喘ぎつつ、欲望のままに肉悦を貪っている愛しい青年の卑しい姿に、彼女の意識は反省するどころかますます煽られてしまう。

「だって、貴方が悪いんですよ……ッ!
貴方がッ……んッ!……そんなに気持ちが良さそうな顔をするからぁッ……!」

抗議する声も、当然青年のものだ。
自分が感じている快感と、もたらされる悦びに身悶え喘ぐ男の声が、少女の中でぐちゃぐちゃに撹拌され、後戻りできない禁忌の扉の奥へと誘っていく。

「あ……あはっ……な、なにこれ……」

内腿をもじもじとすり合わせる度に、下肢の中央に不可思議な感覚を覚える。
それは生前にはなかった部分に感じる純粋な違和感。新たに得た未知の快感。

「も……腰の奥がじんじんして……わたし……おかしく……あんっ……」

やるせない疼きが、下肢にどんどん溜まっていく。
まるで身体を巡っている全ての熱が、血液に乗ってその一点を目指して集まってきているようだ。

「も、もしかして……」

一度胸を弄っていた指の動きを止めて、少女はおそるおそるその熱を孕んだ場所へと視線を向ける。

「…………」

男の身体を撫で回しながら、あえて避けていた部分。
青年が身に着けている下衣──その中央の部分が、下にある存在を主張するかのように、内側から布を押し上げて大きく膨れ上がっていた。

「や、やだ……どうしましょう……これ……」

おそるおそる布の上から、指で卑猥な曲線をなぞるようにして触れてみる。

「ひっ……」

こりこりと、固い感触。あまつさえ、触れた部分の布が少し濡れている。
そして指をそこへ滑らす度に、鋭い快感が腰から背筋へと這い上がった。

「はあ……はあ……」

試しにもっと強く擦ってみる。
布越しに、長い指先が男の形を確かめるように何度も往復する。

「ああ……ジルの身体……凄く感じて……」

少女の意によって、青年の手の動きが徐々に大胆なものになっていく。

「き、気持ちいい……っ」

雄の証を擦り上げながら、再び、彼女は男の胸の先を弄り始める。
どちらの先端も強く摘み上げる度、背筋を甘美な電流が駆け抜けた。

「ああ……っ」

己を肉欲の中に陥れ、辱める手の動きを止められない。上下に、あるいは掴みこむように、指で股間を揉み上げると、布の下でますます『それ』が硬く張りつめていくのを感じ、下肢に熱く蟠る快感の渦が勢いを増して、男の身体を通じて彼女の心を痺れさせる。

「凄い……気持ち良過ぎて……も……苦しいくらい……」

ああ──ジル、ごめんなさい。私、もう我慢できません。

何を今更、と思いつつ、これからしようとしている事を思うと、恥ずかしさと興奮、相手に対する申し訳なさで顔が熱い。

「はっ……はっ……」

これで、自分は目に見える彼の全てを暴く事になる。
布の下に隠れているのは、女の自分にとっては決して知りえない、雄の快感の源泉──そして、かつて自分がこの身に迎え入れようとしていたもの。

「…………ッ!」

行為にためらいを覚えたのは一瞬だけだった。
快感に咽び泣きながら、決定的な快感を遮る下履きの存在がもどかしくなり、とうとうジャンヌは男の身体に前を寛げさせた。

「あ……」

鏡の中の青年が、美貌を朱に染めながら、己の股間から突き出しているものに手を伸ばそうとしている。
一度意識しまうと、もうそこから目が離せない。
布の奥に無理矢理押し込められていたそれは、少女の視線を感じると、ようやく窮屈な状態から解放されて喜んだのか、てらてらと先走りの滴を先端から零しながら、ますます勢いを増して、強く硬く、反り返る。

「これが……ジルの……」

まじまじとそれを凝視しながら、思わず息を呑む。
彼は、そして自分はこんな大きなものを、己の内に入れようとしていたのか?

「う……こんなところばっかり、他の殿方より逞しいなんて……やっ……」

おずおずと、熱く猛ったものを握り締めていく。
掌の中で、別の生き物のようにそれがビクビクと脈打った。

「ふぁあああ……っ」

考えるよりも早く、絡めた指先が肉棒を扱き始める。
齎された快感に、青年の身体が腰を突き上げ、弓形に反った。

耐え難い官能の波が絶え間なく青年の身体を通して少女を襲う。

早く短い呼吸を繰り返しながら、美貌を紅潮させ、甘美な責め苦に打ち震える青年の姿と、実際に自分が感じている途方もない悦楽に、ジャンヌは立っていられなくなり、その場にへたり込む。

「じ、ジルが……あんなにいやらしい顔をして……ッ」

鏡の中には、肉悦に屈し快楽に蕩け落ちた美貌があった。
股間のものを見せびらかすように大きく足をM字に開いて、腰を手の動きにあわせて突き上げながら、青年が嬉しそうに笑う。犬のようにだらしがなく舌先を突き出して、唾液を唇の端から垂れ流し、惨めな己の姿にすら興奮を覚えているように。

「ジルったら……普段はあんなに……ッ、……うッ……涼しげな顔をしていたくせにッ!
……こんな……エッチだったなんて……ッ!」

あの人は……いつもこんな風に、私が知らない場所で……自分を慰めていたのかしら。
誰かを……私を……思いながら……

「ジャンヌ……」

ふと、自分で自分の名前を呼んでみる。
彼がかつてそうしてくれたように。優しく、艶っぽく。

「……ジャンヌ……ジャンヌ……ッ」

何度も繰り返す。
こうして己の名を口にしながら扱いていると、まるで彼の秘め事を覗いているかのようで。

「ジャンヌッ……愛してます……」

──目眩がする程、興奮する。

「……ああッ!もっと!……もっとッ!……ジャンヌッ、ジャンヌ……ッ!」

うわごとのように叫びながら、器用な指先が裏筋を刷り上げ、鈴口を引っ掻き、さらなる快楽の高みを目指して男の身体を追い上げる。
切羽詰った感覚と共に、何かマグマのような熱いものが、なぶられ続けるものの内を通って先端へと集まっていく。

「私は……ッ……いつも……貴女を思ってッ……」

──ジル!ジル!

「こんなに乱れて……ッ……貴女の姿を穢してッ……うあ……ッ!」

つま先に力が入り、青年の腰が知らず腰が突き出される。

「な、何か来る……ッ!き、きちゃ……ぁあああああああッ!」

少女が思わずきつく閉じた瞼の裏で、火花が散り、思考が真っ白になる。
掌の中で膨れ上がった欲望が拍動し、官能の頂点で爆発した。

「だめぇえええええええッ!」

勢いよく放たれた白泉が弧を描き、子種の滴が姿見にふり掛かる。粘り気をおびるほど濃い白濁液が、磨き上げられたガラスの表面をゆっくりと流れ落ちていく。
すさまじい解放感に、青年の身体はおとがいを上げて、久方ぶりに迎えた絶頂に酔い痴れる。

「ああッ……と、止まらないッ……気持ちいいの、止まらないぃ……ッ!」

へこへこと腰を揺り動かしながら、青年の声で少女が嬌声を上げる。
滾った肉の幹の中を駆け抜け、迸るものの感覚がたまらなく心地良い。想像以上に長い射精とその余韻が常識を超えた快感を少女の意識に刻み込む。

──ああ、私……自分も彼も汚してしまった。
なのに、なんで……なんで、こんなに気持ち良くて嬉しいの?

「…………じゃん……ぬ?」

懊悩していると、弱弱しく掠れた声で、青年が言葉を発する。
──彼女が口を開いていないにも関わらず。

──え?

ふと、気が付いたその瞬間。
快楽の波が急速にひいていくと共に、彼女の意識も遠ざかっていった。

■■■

「私は……いったい……」

まだぼんやりしている頭を振りながら、青年──ジルは目にある鏡に視線を移し──一瞬で覚醒した。

「なっ……なっ……」

昨夜、倒れ込むようにして寝台に横たわった次の瞬間からの記憶は殆どない。よほど疲労が溜まっていたのだろう──だが、それにしても。今の自分の格好はあまりに酷かった。

シャツを肌蹴させ、下半身を露出し、大きく股をひらいた格好で──それ以上は考察したくもないし、する必要もない。
鏡の表面に飛び散っている白い液体が、答えの全てだ。

「~~~~~」

無駄に悩んでいる時間はない。もう昼に近い時刻だ。
さっさと身支度を整えて、この場を清めなければ。
こんなところを誰かに見られた日には──

「……騎士殿?お加減は如何ですか」

しかし、そういう時に限って引き寄せたくない事態というのは起こるものである。
軽いノックの音と共に、かけられる穏やかな声。

「時間になっても、武器格納庫にいらっしゃらないので……少し心配になって……」
「#w☆drftgy%&:lp……ッ!」

止めるよりも早く、懇意にしている若い司祭が部屋に足を踏み入れる。
同時にジルが言葉にならない悲鳴を上げた。

「……………………」
「……………………」

弟のような若い司祭と今は教会に仕える騎士である青年の視線が合う。

部屋にうっすらと漂う青臭い匂い。
その中には、上にシャツを羽織っただけの下半身を露出した男が一人。

「あ…………」

気まずい沈黙。
ぱくぱくと酸欠した金魚のように口を動かしているジルの背中を、だらだらと冷たい汗が流れ落ちる。
しばし目をぱちくりしていた司祭が、にっこりと笑った。

「……まあ、騎士殿も男ですからね。むしろ貴方にもそういう部分があるのかと、安心しました。
ゆっくりお支度してから、来て下さいね」
「うわあああああああああッ!」

ぱたん。

「ではまた」と一礼した後、何事もなかったように若い司祭が退出する。
──誤解だ!断じて違う!私じゃない!でもこの状況でどこにそれを否定出来る要素がある !?

「~~~~~ッ!」

終わった……自分は終わった……
彼や他の司祭との間に築き上げたもろもろが崩れ去った……
突然身を襲った不幸に、青年は床の上に突っ伏した。

「なんなんだ……私は……」

泣きたい気持ちでジルはひとりごちる。
だが、羞恥に震える一方で彼は不思議な感覚を味わっていた。

……何故だろう。
どこかこの部屋に、身体に、懐かしい気配を感じるのは……

「ジャンヌ……?」

当たり前だが、応える声はない。

「……まさかな」

一瞬脳裏を過ぎった可能性を自ら一笑に付すと、青年はとりあえず、まだ身体に残る快楽の残滓を拭う為、湯を浴びる事にしたのであった。

──ちなみに。
その後も時折、己が無意識のうちに自慰に耽った事後処理をするという、恐ろしい場面にジルは遭遇する事になり、真剣に医者かあるいは師父に相談するべきか悩む事になったのは、また別の話である。

女物の下着を身に着けていた時には、流石に不死の彼をして、死にたくても死にきれない己を呪ったという。

■■■

おまけ。

ジル「貴方としていると、どうにも自分を抑えられなくなる……つい気分が良くなってしまって。何故、貴方はそんなにも私の弱い部分を御存知なのですか?」

ジャンヌ「た、たまたまですよ!たまたま!単純に身体の相性がいいんですよ!私達!」

ジル「ふむ……そんなものですかね。でも相性が良いのなら、それに越したことはありませんね(にこっ)」

ジャンヌ「そうですよ!(機会がある度に、貴方の身体を弄り倒して確認したなんて絶対に言えない……・汗)」

広告